最初の妊娠は稽留流産という結末に。次に向けての準備開始です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ◆柳子[Ryuko]◆
 
[スポンサー広告
血液検査の結果が出た。

初めて病院に行った日の午後5時ごろ、電話で血液検査の結果が告げられた。

まず最初の報告は、

「血液検査の結果により、あなたは確実に妊娠していることがわかりました。」

\(^o^)/

その後、人絨毛膜促性腺激素(hCG)の値と孕[酉同][yun4tong2](プロゲステロン)の値を告げられたが、どう解釈してよいかわからない。


ダーっと数字を話す看護師の言葉の中で理解できたのは、

「前回のエコー検査で胎嚢が確認できなかったので、子宮外妊娠の可能性があるから、2,3日中に再度医師から診断を受けてください」

ということ。


※看護師からのこの電話連絡の言葉は聞き取るのに難易度が高いかも。
向こうも外国人に電話しているとわかっているので、聞き取れなかったところは何度でも聞き返し、自分の言葉で反復して確認したら良いと思う。

電話を切ったあと、すぐにネットで子宮外妊娠について調べてみた。

多くのサイトには、子宮外妊娠の場合、下腹部の痛みがあったり、出血がある、と書いているが、どれも私は該当していない。

しばらくするとダンナさんが帰って来た。

電話の報告をしているうちに、涙がこぼれてきた。

でも、それも一瞬だけ。

何故だか、私は、負ける気がしない。

結構心配性で、何事も弱気な私だが、これまでの人生で数度だけ、「負ける気がしない」時があった。

この試験は落ちる気がしない、とか、これは絶対に失敗しない、とか。
そして、それらの場面はことごとく“勝って”来た。
トータルで言ったら負けが込んでいる人生だが、ある“予感”がした時、必ずそれは当たっている。

今回も、理由は無いが、根拠のない自信が私の中にある。


だから、やっと芽生えてくれたこの命、絶対に守れると思っている。

スポンサーサイト
Posted by ◆柳子[Ryuko]◆
comment:0   trackback:0
[第1章
comment
comment posting














 

trackback URL
http://40happypregnancy.blog102.fc2.com/tb.php/4-4bae8e81
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。