最初の妊娠は稽留流産という結末に。次に向けての準備開始です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ◆柳子[Ryuko]◆
 
[スポンサー広告
人生初の手術体験。

17日、エコー検査にて胎嚢の成長が停止していることを確認。

18日、手術前の採血検査。

19日、稽留流産の手術。

今まで40年も生きて来て、骨折も無し、縫ったことも無し、入院をしたことも無ければ、点滴さえもしたことが無い、盲腸もまだ取っていない私は、2,3分で終わる、開腹もしない簡単な手術だとわかっていても、緊張した。

担当医の朝一の患者だったため、朝8時から手術開始。

手術を行う病棟は新築のため、中はピカピカで日本の病院よりも綺麗で、まるでホテルのよう。
手術時に着るように渡された服も、ほぼ新品。

看護師に付き添われて手術室へ。

台の上に乗り、左手甲の静脈に点滴がなされる。

手術してくれるL医師や麻酔医と普通に話をしているつもりが、身体がガタガタ震えて止まらない。

L医師;「寒いの?緊張しているの?」

私;「今までに手術を受けたことが無いので、緊張しちゃうんです。」

L医師;「じゃ、すぐに麻酔をしましょうね。麻酔をしたらすぐに寝ちゃうから。」

静脈から麻酔が入り、その後のことは全く覚えておらず、次に目を覚ましたのは、手術後の手術台の上。

看護師に支えられて車椅子に座り、ベッドのある個室まで行ったら、そこでダンナさんが迎えてくれたのはぼんやりと覚えているが、まだ麻酔が切れていなかったので、意識は朦朧。

とにかく喉が渇いていたことだけは覚えている。

なんせ、湿度が20%程度の北京で、部屋は暖房が効いている。
ジーンズでも一晩で乾いてしまうような乾燥状態の中、昨夜10時以降水も飲んではいけない、と言われており、ただでさえ喉がカラカラな上に、手術中恐らく口を開けて寝ていたのだろう、口の中や喉が痛いほど乾いていた。

しかし、術後すぐは水を飲んではいけない、と言われ、しばらくしたら看護師が黒砂糖をお湯で溶かした飲み物と、お菓子を持ってきてくれた。

身体が疲れていたのか、黒砂糖ドリンクはとても美味しく感じた。

8時半に予定通り手術が終了し、1時間半ほど個室で休み、10時ごろ退室。

出血していたので看護師を呼んで大丈夫なのか聞いて見たら、月経程度の出血なら問題ない、それ以上の出血があればすぐに病院に来てくれ、とのこと。

その他、述前に医師からは、今後1ヶ月間、浴槽に入っての入浴や水泳は禁止と言われる。

ウチは普段からシャワーばかりなので浴槽入浴禁止と言われても問題ないけど、これって日本の妊婦さんも言われているのかな?それとも、やはり中国での浴槽入浴は不衛生なイメージがあるからなのかな?

麻酔が切れた9時頃は、酷い月経時なみに下腹部が痛くて

「これが続いたらキツいな・・・」

と思っていたのだけど、10時頃には痛みも消えていた。

医師の話によると、子宮口にできていた肉芽も切除してくれたとのこと。

あとは、子宮内にある筋腫を今後どうするかについては、術後のエコー検査を2週間後に行うため、その時にG医師と再相談することとなった。

L医師もとても親切な方で、安心できた。

この病院にして良かったと思う。

+++

この日は安静にして、1日中ずっと寝ていた。

食事(辛い等の刺激物はNG)もシャワーも普通にして良い、と言われていたため、昼食はうどんを、夕食はハンバーグをダンナさんが作ってくれた。感謝!

100320_food.jpg 
男性の力で肉を捏ねると、きめが細かくなって
「お店の味」がする。
絶品!

食前と食後には、処方された薬を飲んだ。

100319.jpg 
上;“補血”作用のある漢方薬。
食前に服用。
下;消炎作用のある西洋薬。
食後の服用。

+++

これで、今回の妊娠は本当に終わりとなった。

悲しい経験だったけど、ダンナさんも含めて、2人ともいろいろなことを知った。

この経験は、次の幸せな経験に繋げていきたい。

+++

【第7回目の費用】

検査費;息肉(肉芽)の摘出費 348元
     息肉(肉芽)の病理検査費 348元


合計:696元 (約9744円)

※銀聯カードで支払うと5%オフ。 実際に支払ったのは661.2元(約9256円)。

+++ 


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by ◆柳子[Ryuko]◆
comment:7   trackback:1
[第1章

thema:北京 - genre:海外情報


comment
はじめまして。私は現在43歳で妊娠、しかも上海でなんです。たぶん今7Wくらいだと思います。3月12日に初めて病院に行ってきました。上海ローカル病院なので検査はエコーだけ。あと簡単な問診でお終いでした。「次回は4月20日前後に来てください」って私の不安はどうしてくれるの?って感じで終わりました。体重測らないの?血液検査とかないの?って聞きたいことたくさんありましたが言葉の壁が立ちはだかり撃沈。現在は気のせいのような胃のムカツキぐらいで悪阻らしいものもなく育ってくれてるのかどうか不安です。
柳子さんは今回の結果は残念でしたが、まだまだ私の年まで3年もあるじゃないですか!頑張ってくださいね。
2010/03/21 19:40 | URL | edit posted by gui
>guiさん
コメントありがとうございます!

guiさんは上海にいらっしゃるんですね。
初回検診があっさりだったということですが、順調だったってことではないでしょうか。
羨ましいです。でも、「本当に?!」って、心配になりますよね。
励ましの言葉、ありがとうございます。
病院に行くと、年のことばかり言われて凹みますが、日本ではそれほど驚くような年じゃないですよね!
中国にもお仲間がいると知ってとても心が軽くなりました。
guiさんの今後の順調な妊娠をお祈りしております。

今後とも宜しくお願いいたします。

2010/03/22 16:30 | URL | edit posted by 柳子
柳子さん

手術おつかれさまでした。はじめてのことばかりでくたびれたと思います。今は本当にゆっくり体を休めてくださいね。

私のときは術後の2,3日してからの方が、ホルモンバランスの影響なんかもあるのかな、その数日前とそのときの違いを思ってしまって落ち込みました。夫は術前と術後すぐは一緒に心配してくれましたが、数日するともう仕方のないことと吹っ切れたようで、少し感覚にギャップがありました。
人によるとも思いますが、少しでも柳子さんの気持ちの回復に役立てたらと思って振り返ってみますね。

私のときは朝から手術(自分で車を運転)で、手術は普段の検診の内診台でした(別に部屋があると思っていたのでびっくり、個人病院だからかも)。
普段と違ったのは台に足を固定されたことと、内診室には人は入ってこないけれど、手術のときは看護師さんが麻酔の注射を持って入ってきたことくらい。
あとの感じは柳子さんのメモと似た状況だったと思います。違ったのは、麻酔から目覚めたときはもう病室だったことくらいかしら。診察室から出さないと次の患者さんをみられないからだったからかも知れませんね。
その後は、少ししてケーキとお茶を出してくださり(あ、ここもちょっと違いますね。固形物だもの)、夫が午後仕事を休んで迎えに来てくれるのを病室で待っていました。で、夫の運転で帰りました。

>医師からは、今後1ヶ月間、浴槽に入っての入浴や水泳は禁止と言われる。

私がもらった紙(「手術後の注意」 by日本産婦人科医会)では、
・痛み、出血(月経より多い)、発熱など心配なことのあるときはすぐ診察を受けてください。
・手術後の出血は7日から10日ぐらいで止まります。
・異常がなければ、
シャワーは翌日から
軽い家事は4日目から
勤務は7日目から
入浴は7日目から
性生活は14日目から

とありました。
私の場合、3,4日して仕事には戻り(そんなに有休消費もできないし)、翌週からお風呂も入りました。

ほんと、周りで妊娠されている方をみるとしばらくはちょっと落ち込んでしまうと思います。私も職場の男性の奥さん達が2,3人、近い時期に妊娠されて複雑でした。どうしてうちだけが、という気分になりました。

「元気にならなきゃ」と思うかもしれないけれど、自然に起こる悲しい気持ちを封じ込めるのは決してよいことではないので、今は存分にその気持ちを大切にしてよいと思います。

落ち着いた今となっては、赤ちゃんというのはまさに授かりモノで、その家庭に合った時期にやってきてくれるものだなぁ、って感じています。
昨年5月よりも今の方が仕事も家庭もうまくいっているし、これからのことが楽しみな時期なのです。昨年5月は仕事で先の不安があったので、赤ちゃんを逃げにつかってしまっていたかもなぁ、と思っています。

柳子さんご夫妻は今回初めてわかったことも多かったというお話なので、次のときは今よりもっとよい状態で赤ちゃんを迎えられると思いますよ。きっと来てくれると思います。

なんだか自分の想いばかり長々と書いてしまってごめんなさい。
お大事になさってくださいね。
2010/03/22 21:12 | URL | edit posted by ケイタンママ
〉ケイタンママさん
いつも心温まるコメントを頂きまして、ありがとうございます。

日本ではちゃんと「手術後の注意」の紙を貰えるんですね。
わたしが行った病院では述前に医師が口頭で伝え、術後にも看護師が同じようなことを言いに来ましたが、術前は緊張でいっぱいだったし、術後は麻酔でぼんやりしていたので、
実際には最重要事項ぐらいしか覚えていません…。
やはり、こういうケアは日本の方がしっかりとしていますね。

細かい注意事項を書いてくださってありがとうございます!
こういうこと、言われていたかもしれませんが、前述のように殆ど覚えていないのです。

出血も10日ぐらいは出るものなんですね。
術後の午前中は月経並みの出血があったのですが、その後、手術から5日経った今日でもまだ少しの出血があるので、大丈夫かな…と思っていたのです。

私の周囲も同じような年齢の方の妊娠・出産が相次いでおり、本当に「どうして私だけ…」と思ってしまう部分もあります。

でも、ケイタンママさんの仰るように、今はまだ家に新しい家族が来るのはちょっと早かったかもしれません。
今、手がけている事業もあるので、それが落ち着いた頃が最適かもしれない、と思い始めています。

今までは、漠然と「子供が欲しい!」と思っていましたが、今回の経験を通じて、“その時”までに、仕事や経済的なことなど、全て今以上に整えておこうと思うようになりました。

貴重なご経験を教えてくださりありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2010/03/24 17:56 | URL | edit posted by 柳子
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/07 01:43 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/04 13:27 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/21 07:33 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://40happypregnancy.blog102.fc2.com/tb.php/18-9df03aeb
trackback
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.11.21 22:37 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。